商品のご案内

水無月

夏越し払いの菓子

6月30日は夏越祓(なつこしはらい)と言われています。
室町時代より水無月という菓子を食べる習慣が主に関西、京都で続いております。
白いういろうの生地を氷に見立て、涼しさを表しています。
昔は氷がとても貴重だったそうです。
水無月を食べ、暑い夏を乗り切り、残り半年を健康に過ごせますようにと
願いが込められた縁起の良い和菓子です。

小麦粉使用・お日持ち当日中です。